楽天のRMS商品別参照元機能で回遊性を分析!成功への鍵を探る

楽天市場のRMS(Rakuten Merchant Server)の商品別参照元機能は、ECサイトの運営において非常に重要な役割を果たしています。この機能を使いこなすことで、回遊性を分析し、成功への鍵を見つけることができます。

本記事では、回遊性とは何かから始めて、RMSの商品別参照元機能の使い方、回遊性分析の実施方法と注意点、回遊性の向上に必要な施策、RMSの商品別参照元機能の活用事例などを詳しく解説します。

RMSの商品別参照元機能で回遊性を分析

楽天市場のRMSには「商品別参照元」という機能がついています。この機能では回遊性を分析でき、売上の改善、各商品ページのアクセス増加への対策を立てられます。ここでは、回遊性とは何か、商品別参照元機能の活用、分析ポイントについて解説します。

回遊性とは何か?理解しておこう

回遊性とは、ウェブサイトやアプリ内でユーザーがどのように移動し、どのページやコンテンツを閲覧するかを分析する指標です。回遊性の高いサイトは、ユーザーが興味を持ち、関連ページにもアクセスしやすいため、コンバージョン率の向上に繋がります。

 

RMSの商品別参照元機能の活用

楽天市場のRMSでは、商品別参照元機能を活用することで、各商品の回遊性を分析することができます。この機能を使うことで、どのページから商品が閲覧され、どのページに進んで購入されるのかを把握することができます。

 

成功への鍵を見つけるための分析ポイント

RMSの商品別参照元機能を使って回遊性を分析する際には、以下のポイントに注目することが重要です。

  1. 閲覧数の多い参照元ページを特定し、そのページからのアクセスを増やす施策を考える。
  2. 購入率の高い参照元ページを見つけ、そのページのコンテンツやデザインを他のページにも反映させる。
  3. 離脱率の高い参照元ページを改善し、ユーザーの滞在時間を延ばす工夫をする。

 

回遊性分析の実施方法と注意点

楽天市場のRMSで回遊性分析をするには、商品別参照元を使います。ここでは、商品別参照元機能の有効化、回遊性分析の指標と解釈、注意すべきポイントについて、詳しく解説します。

データ収集のための設定方法

回遊性の分析には、まず楽天RMSの商品別参照元機能を有効にする必要があります。設定方法は以下の通りです。

  1. RMSの管理画面にログインし、「商品管理」メニューから「商品別参照元機能」を選択
  2. 「参照元設定」タブから、参照元のURLを入力
  3. 必要な情報を入力したら、「保存」ボタンをクリックして設定完了

 

回遊性の分析指標とその解釈方法

回遊性の分析指標としては、以下のようなデータを参考にすることができます。

  1. 閲覧数:各参照元ページごとの閲覧数を確認し、人気のあるページを把握
  2. 転換率:参照元ページからの購入率を計算し、コンバージョンの高いページを特定
  3. 離脱率:参照元ページからの離脱率を確認し、ユーザーが離れる要因を分析

 

注意すべきポイントと成功へのアプローチ

回遊性の分析を行う際には、以下のポイントに注意しながらアプローチすることが重要です。

  1. データの信頼性を保つために、十分なサンプル数を確保する
  2. 回遊性に影響を与える要因として、時期やキャンペーンの影響を考慮する
  3. 回遊性のデータだけでなく、ユーザーの行動を分析する

 

回遊性の向上に必要な施策とは?

回遊性向上には、いくつかの対策が考えられます。中でも、非常に重要な対策が3つあるのです。ここでは、SEO対策、ユーザビリティの向上、リンク戦略とアクセスの向上について、詳しく解説します。

SEO対策を徹底的に行う

回遊性を向上させるためには、SEO対策を徹底的に行うことが重要です。以下の施策を取り入れましょう。

  1. ページのタイトルや見出し、本文にキーワードを適切に配置し、検索エンジンからのアクセスを増やす
  2. メタデータ、メタタグを適切に設定し、検索結果での表示を改善する
  3. 関連するコンテンツへの内部リンクを設定することで、ユーザーの回遊性を促進する

 

ユーザビリティを高めるための工夫

ユーザビリティを高めることで、ユーザーの回遊性を向上させることができます。以下の工夫を取り入れましょう。

  1. ページの読み込み速度を向上させることで、ユーザーのストレスを軽減する
  2. 様々なデバイスで快適に閲覧できるよう、レスポンシブデザインを採用する
  3. ナビゲーションやボタンの配置を見直し、ユーザーが目的のページにスムーズにアクセスできるように工夫する

 

リンク戦略を立ててアクセスを増やす

回遊性を向上させるためには、リンク戦略を立ててアクセスを増やすことも重要です。以下の施策を取り入れましょう。

  1. 関連性の高いサイトからの外部リンクを増やすことで、検索エンジンからの評価を向上させる
  2. SNSを活用して、コンテンツをシェアし、ユーザーの回遊性を促進する
  3. 自社のコンテンツを外部のブログやメディアに寄稿することで、リンクを増やし、アクセスを増やす

 

RMSの商品別参照元機能の活用

商品別参照元機能を活用するには、まずこの機能がどんなもので、何がわかるのかを知る必要があります。ここでは、RMS商品別参照元機能の具体的な活用方法と、実際に活用された事例を紹介します。

RMSの商品別参照元機能の概要

RMSの商品別参照元機能は、各商品の回遊性を分析するためのツールです。以下のような情報を確認できます。

  1. 参照元URL:各商品が閲覧された参照元のURLを表示する
  2. 閲覧数:各参照元ページごとの閲覧数を確認する
  3. 転換率:参照元ページからの購入率を表示し、各ページのコンバージョンを把握する

 

具体的な活用方法とは?

RMSの商品別参照元機能について、具体的な活用方法を紹介します。人気のある参照元ページを特定し、そのページからのアクセスを増やす施策を考えましょう。そして、購入率の高い参照元ページを見つけ、そのページのコンテンツやデザインを他のページにも反映させます。

さらに、離脱率の高い参照元ページを改善し、ユーザーの滞在時間を延ばす工夫をしましょう。この3つを実施することで、回遊性が増加し、売上につながります。

 

分析データから学ぶ成功の秘訣

RMSの商品別参照元機能を分析したデータから、成功の秘訣を学ぶことができます。まず、特定のブログ記事からのアクセスが多い場合、その記事の内容やキーワードを活用して他のページを改善しましょう。

SNSでのシェア数が多い商品がある場合は、その商品の魅力をより強調するコンテンツを作成することで、さらに回遊性が上がります。離脱率の高い参照元ページがある場合、そのページの問題点を改善する必要があります。離脱率の変化データを確認し、改善するまで継続しましょう。

 

他社との比較で見える競合優位性

RMSの商品別参照元機能を活用することで、他社との競合優位性を見つけることができます。他社と比較して、どのような参照元ページが多いのかを確認し、差別化を図りましょう。また、他社と比較して自社の商品の転換率が高い場合は、要因を分析し、さらなる強みを生かす施策を考えます。

他社と比較して、自社の離脱率が低い場合は、その要因を分析します。特に、他社のページが今までどのように変化してきたのか確認できれば、差別化や自社の改善にもつながります。

 

改善点を見つけて成果を最大化する方法

楽天RMSの商品別参照元機能を活用することで、改善点を見つけて成果を最大化することができます。以下の方法を試してみましょう。

  1. 過去のデータとの比較を行い、成果の変化や傾向を把握する
  2. 異なる施策やデザインを比較し、成果を最大化する要素を見つける
  3. ユーザーからのフィードバックを収集し、改善点を見つける

 

まとめ

楽天RMSの商品別参照元機能を活用することで、回遊性を分析し、成功への鍵を見つけることができます。回遊性分析の実施方法や注意点、回遊性の向上に必要な施策、楽天RMSの商品別参照元機能の活用事例などについて解説しました。

これらの情報を参考にして、自社のウェブサイトやアプリの回遊性を向上させ、成功を目指しましょう。

    必須会社名

    必須役職名

    必須氏名

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    任意都道府県

    任意市区町村以下住所

    必須お問い合わせ項目 ※複数可

    ECショップ無料診断D2C(EC立ち上げ)ECコンサルティングEC運営代行経営戦略プロジェクト広告運用SEO対策SNS運用デザイン制作システム構築Havy取材協業

    任意希望商談日

    必須お問い合わせ内容

    任意ファイル添付

    必須個人情報保護方針に同意する

    プライバシーポリシーページはこちら

    ECコンサル問合せ