楽天市場の商品属性情報とは?SKUプロジェクト移行後のSEO対策に重要!

楽天市場の商品属性情報とは、楽天市場上で商品を販売する際に必要な情報のことです。楽天市場は、数多くの商品が出品されているため、顧客が商品を検索しやすくするために、商品の属性情報を登録することが求められます。

 

楽天市場の検索エンジンは、商品の属性情報を元に検索結果を表示するため、正確かつ詳細な情報を登録している商品が上位に表示されやすくなるからです。

商品属性情報には、商品のカテゴリ、ブランド、メーカー、モデル、カラー、サイズ、素材などが含まれます。これらの情報は、顧客が商品を絞り込んで検索する際に重要な要素となります。例えば、ある商品が「ブランドA」の「モデルB」である場合、顧客は「ブランドA」や「モデルB」といったキーワードで検索することが多いでしょう。そのため、商品属性情報にこれらのキーワードを適切に登録しておくことは、検索上位表示のために必要不可欠です。

商品の特徴や詳細を正確に記載し、顧客の検索ニーズに合わせたキーワードを適切に登録することで、検索上位表示や売れるチャンスを高めることができます。楽天SEO対策の一環として、商品属性情報の充実に取り組みましょう。

 

商品属性情報とは?

楽天市場の商品属性情報とは、商品の特徴や仕様を詳細に記述するための情報です。楽天SEO対策においては、商品属性情報の正確な登録が非常に重要です。商品属性情報をきちんと登録することで、検索エンジンのクローラーが商品を正しく理解しやすくなり、ユーザーが商品を見つけやすくなります。また、正確な商品属性情報を登録することで、売れるチャンスにつながる可能性も高まります。楽天市場での販売を成功させるためには、商品属性情報の適切な登録を怠らないようにしましょう。

 

タグIDが商品属性情報に変わり、必須項目の登録が義務化

楽天市場では、商品の情報管理において、従来のルール「タグID」が「商品属性情報」に変わりました。この変更により、商品の登録時に必須項目の情報を入力することが義務化されました。

 

この変更の意味は、より正確な商品情報の提供と、ユーザーの利便性向上にあります。従来のタグIDでは、商品の特徴や属性に関する情報を十分に表現できず、ユーザーが商品を検索した際に適切な結果が表示されないことが問題となっていました。

そこで、商品属性情報という新しい概念が導入されました。これは、商品の特徴や属性に関する情報を詳細かつ一貫性のある形式で登録するためのものです。例えば、洋服の場合、サイズやカラー、素材などが商品属性情報として登録されます。

さらに、この商品属性情報の登録が必須項目となりました。これは、ユーザーが商品を検索した際に、適切な結果が表示されるようにするためです。必須項目の情報が不足していると、ユーザーが望む商品を見つけることが難しくなり、購買意欲が減退する可能性があります。

したがって、適切なタグIDを選び、必須項目の情報を正確に入力することで、ユーザーにとって魅力的な商品として表示され、売れるチャンスにつながるでしょう。

 

商品属性情報には「必須」「任意」の2種類がある

商品属性情報は、楽天市場での商品検索や比較の際に重要な役割を果たします。商品属性情報は、「必須」と「任意」の2種類に分けられます。

  • 「必須」とは、商品を登録する際に必ず入力しなければならない項目です。例えば、商品のカテゴリーやブランド、価格などが該当します。
    これらの情報は、商品を正確に分類し、ユーザーが検索しやすくするために重要です。楽天市場では、必須項目の情報が不足していると、商品が表示されない場合があります。
  • 「任意」とは、商品の詳細情報をより充実させるための項目です。例えば、商品の素材やサイズ、特徴などが該当します。

楽天SEO対策を行う際には、必須項目は必ず入力し、正確な情報を提供することで、ユーザーが商品を見つけやすくなります。
また、任意項目もできるだけ詳細に入力することで、商品の魅力を引き立てることができます。

 

必須項目は、SKU移行日から「180日以内」に登録が必要

楽天市場の商品属性情報とは、商品の特徴や仕様などを詳細に記載する情報のことです。商品を出品する際に必須項目として登録が必要です。特に重要なのは、SKU移行日から「180日以内」に登録を完了することです。商品属性情報をきちんと登録することで、検索エンジン最適化(SEO)対策ができ、売れるチャンスにつながります。楽天市場での出品を考えているなら、商品属性情報の必須項目にしっかりと目を通し、登録を怠らないようにしましょう。

 

商品属性情報(任意項目)を登録するメリット

任意項目ではありますが、きちんと登録することで売れるチャンスにつながります。

 

お客さんにとっては、商品を探しやすくなる

楽天市場では、商品の特徴やカテゴリー、価格帯などの情報を適切に登録することで、ユーザーが商品を見つけやすくなります。商品属性情報は、楽天の検索エンジンによって利用され、ユーザーがキーワードで検索した際に適切な商品が表示されるようになります。また、SEO対策にも重要な役割を果たします。適切なキーワードを含めた商品属性情報を登録することで、検索エンジンによるランキング向上が期待できます。

 

楽天出店者にとっては、商品の露出が増え、売れるチャンスが広がる

まず、楽天市場では、商品の検索結果が表示される際に、商品属性情報が利用されます。
出店者が商品の属性情報を正確に登録することで、ユーザーが商品を検索した際に、より適切な結果が表示されるようになります。
つまり、商品属性情報をきちんと登録することで、ユーザーの目に留まる確率が高まり、商品の露出が増えるのです。

さらに、楽天市場でのSEO対策においても、商品属性情報の登録は欠かせない要素となります。

そして、商品属性情報の登録がきちんとされていると、ユーザーが商品をより詳しく検索することができます。
例えば、サイズや色、素材などの属性情報が正確に登録されていると、ユーザーは自分の求めている商品を簡単に見つけることができます。
その結果、ユーザーが商品に興味を持ち、購買意欲が高まる可能性があります。

したがって、楽天市場で出店する際には、商品属性情報の登録をきちんと行うことが重要です。商品属性情報は、商品の露出を増やし、売れるチャンスを広げるための重要な要素となるのです。

 

商品ページに「商品仕様の表」が自動表示される

商品ページに表示される「商品仕様の表」のことを指します。この表は、商品の詳細情報を一覧で表示するためのものであり、顧客にとっては購買の判断材料となる重要な情報です。

商品ページに登録された商品属性情報が、検索エンジンのクローラーによって自動的に読み込まれ、商品仕様の表として表示されます。この自動表示によって、顧客は商品の特徴や仕様を一目で確認することができます。

商品仕様の表の中には、商品のサイズ、重さ、材質、機能、付属品など、顧客が知りたいと思うような情報が含まれています。また、キーワードを適切に登録することで、検索エンジンが商品ページを正確に評価しやすくなり、検索順位の向上にもつながります。

 

商品属性情報(任意項目)を登録するデメリット

  1. 登録に時間と手間がかかる商品属性情報は、商品ごとに細かく入力する必要があります。そのため、大量の商品を取り扱っている場合は、非常に時間がかかる作業となります。
  2. 登録ミスのリスクがある
    商品属性情報は、正確に入力する必要があります。誤った情報を登録してしまうと、顧客に誤解を与えたり、商品の評価を下げる原因になる可能性があります。そのため、慎重に入力する必要があります。
  3. 登録が必須ではない
    商品属性情報は、任意の項目であるため、必ずしも登録する必要はありません。しかし、楽天市場では、商品属性情報を登録することで、検索結果に表示される順位が上がるとされています。つまり、登録を怠ると、競合他社に負ける可能性が高まります。
  4. 情報登録ルールが煩雑
    楽天市場では厳格なルールが存在します。例えば、特定のカテゴリでは必須項目が異なる場合があり、正確な情報を入力しなければなりません。これに加えて、商品の写真や説明文も規定に則っている必要があります。ルールを守ることは、楽天市場での信頼性を高めるためにも重要ですが、その分、登録作業が煩雑に感じられることもあるでしょう。

小規模な出品者や初めて楽天市場で販売を始める人にとっては負担になることもあります。

しかし、楽天市場の商品属性情報の登録は、売れるチャンスにつながる重要な要素でもあります。正確で詳細な情報を提供することで、顧客のニーズに合った商品を見つけやすくなります。また、楽天市場内での競争力も高めることができます。そのため、手間やコストがかかるかもしれませんが、きちんと登録することで売り上げを伸ばすチャンスをつかむことができるのです。

楽天市場での販売を成功させるためには、商品属性情報の登録を重要視し、ルールを厳守することが必要です。手間やコストがかかるかもしれませんが、それに見合うだけの効果があると言えます。楽天市場での販売を考えている方は、商品属性情報の登録についてしっかりと理解し、適切な対策を取ることが成功への近道となるでしょう。

 

まとめ

楽天市場の商品属性情報は、楽天SEO対策において重要な要素です。商品属性情報をきちんと登録することで、商品が売れるチャンスが高まります。楽天市場では、商品のカテゴリやブランド、色、サイズなどの属性情報を正確に登録することが求められます。これにより、ユーザーが商品を検索する際に適切な結果が表示され、購買意欲が高まります。また、商品属性情報は検索エンジンにも影響を与えるため、楽天SEO対策においても重要な要素となります。適切なキーワードを含め、正確な商品属性情報の登録を心掛けましょう。

 

 

    必須会社名

    必須役職名

    必須氏名

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    任意都道府県

    任意市区町村以下住所

    必須お問い合わせ項目 ※複数可

    ECショップ無料診断D2C(EC立ち上げ)ECコンサルティングEC運営代行経営戦略プロジェクト広告運用SEO対策SNS運用デザイン制作システム構築Havy取材協業

    任意希望商談日

    必須お問い合わせ内容

    任意ファイル添付

    必須個人情報保護方針に同意する

    プライバシーポリシーページはこちら

    ECコンサル問合せ