ヤフーショッピングのストアマッチ・アイテムマッチとは?ストアのイチオシと合わせて解説!

これからヤフーショッピングに商品を出品していくなら、ストアマッチやアイテムマッチ、ストアのイチオシといったシステムを活用していくのがおすすめです。

それぞれのシステムを有効活用していくことで、効率良く売上を伸ばすことができます。

それでは、ヤフーショッピングにおけるストアマッチやアイテムマッチ、ストアのイチオシの活用法についてご説明しましょう。

ストアマッチとは

ストアマッチとは、ヤフーショッピングにおけるクリック課金型の広告です。

ストアマッチロゴ

商品の詳細ページをクリックされると課金される仕組みになっており、入札金額に応じて検索結果の上位4位下位6位、ならびにカテゴリリストページに表示されるようになります。カテゴリリストに表示されるとどんなメリットがあるのかと思うかもしれませんが、消費者の約8割はキーワード検索やカテゴリ検索から購入しているため、ストアマッチを活用すれば効率良く売上を伸ばすことができるでしょう。

もしもクリック課金額が設定金額に達した時点で広告が自動で止まるため、初心者におすすめの広告だと言えます。

ストアマッチを活用するメリット

ストアマッチのメリットは、以下の通りです。

  • 安価で使いやすい
  • 使いすぎる心配がない
  • 競合店舗の動向が分かる

ストアマッチは基本的に安価で使いやすいので初心者におすすめできることが挙げられます。

ストアマッチはユーザーにクリックされて初めて課金される仕組みになっているため「広告を出しているのに全然クリックされないばかりで費用だけかかってしまう」のを防ぐことが可能です。特にストアマッチはあらかじめ広告予算を決めておくことで、設定した予算に到達した時点で広告掲載がストップします。

無駄遣いが防げるため、予算以上に広告費が発生することがないのがポイントです。さらに、ストアマッチの最低入札額は10円からなので、設定金額1位にこだわらないのであればある程度の設定金額でも上位に表示されやすいのがポイントです。

ストアマッチは費用対効果が目に見えて分かるのも大きいでしょう。入札額に応じて入札順位が上がるシステムになっているため、競合店舗がどのくらいの金額を入札しているのかが分かります。入札額に応じた順位が分かり次第、入札額を調整していけば自店舗がどのくらいの順位なのかが分かるので、上手く調整すれば入札順位のトップを目指すこともできるでしょう。

ストアマッチの活用法

ストアマッチの活用法は、以下の通りです。

  • 入札額を調整する
  • ブースト予約機能を使う
  • 出稿状況を分析する

ストアマッチを活用する上で欠かせないのが、入札額の調整です。ヤフーショッピングに商品を出品する上で重要んあおは検索結果の上位に表示されることですが、どのくらいの金額を入札したかどうかで上位表示されるかが左右されます。

検索上位に表示されているほどユーザーが検索したときに目に留まりやすくなるので、継続して金額を入札できるかどうかが需要になります。

また、特定のタイミングでブースト予約機能を活用するのもおすすめです。ブースト予約機能とは、事前に指定した日時のみ入札金額や予算額が変更できる機能です。ストアマッチでは入札金額が大きいほど検索結果の上位に表示されるので、ヤフーショッピングで開催されるキャンペーンやフェアなどの日を狙ってブースト予約機能を活用すれば自社商品を優先して購入してもらえる可能性が高まるでしょう。

さらに、広告の出稿状況から分析することでさらなる売上向上につなげられるのもポイントです。

広告を掲載したらそれで終わりではなく、その後の分析による結果を加味した行動が求められます。たとえば、広告のクリック数は多いのに売上につながっていなかった場合、商品の詳細ページの質が低い可能性があるでしょう。逆にクリック数は少ないのに売上が多い場合は商品の詳細ページの質が高いので購入につながっていると言えます。

広告の出稿状況の分析をすることで、改善すべき点が見つかるでしょう。

アイテムマッチとは

アイテムマッチとは、ストアマッチの広告形態の中のメニューの一つです。

ユーザーが検索したキーワードに連動して自社商品の広告が表示されるのが特徴です。

基本的にストアマッチを利用しているとアイテムマッチも利用できるため、ストアマッチと同じ感覚で活用できます。

アイテムマッチの活用法

アイテムマッチの活用法は、以下の通りです。

  • SEO対策をする
  • ヤフーショッピングならではのキーワードを調べる
  • 商品を絞る

アイテムマッチを活用する場合、しっかりとSEO対策を行う必要性があります。

たとえば「靴」のキーワードにアイテムマッチを使って表示させようとしても、商品名に「靴」が入っていなければアイテムマッチで表示されません。したがって、商品名に含まれているキーワードでSEO対策を行うことで上位表示されやすくなります。

また、ヤフーショッピングならではの特徴として、単語の候補ワードの他に文章で検索されているケースがあります。このときのキーワード候補を含めた文章も商品名に入れることで検索結果に表示されやすくなるでしょう。

後は売れ筋の商品や売りたい商品に絞ってアイテムマッチを活用することで、費用対効果をチェックすることも大切です。

ストアのイチオシとは

ストアのイチオシとは、アイテムマッチとは別の場所に掲載されるキーワード連動型広告のことです。

ストアマッチやアイテムマッチとは別に自社商品の露出が増えるため、売上アップに貢献できるのがポイントです。

ストアのイチオシの活用法

ストアのイチオシの活用法は、基本的に前もって宣伝したい商品を決めておくことです。

ストアのイチオシは申し込み後最短3営業日で掲載されるのでタイムラグがあります。ストアのイチオシを活用するのであれば、タイムラグを見越して商品を選ぶ必要性があるでしょう。

とはいえ、このタイムラグなどの問題があるからか、ストアのイチオシよりもストアマッチやアイテムマッチを優先して活用している傾向にあります。

まとめ

ヤフーショッピングに商品を出品するのであれば、ストアマッチやアイテムマッチ、ストアのイチオシなどを活用することが大切です。

それぞれさまざまなメリットや活用法があることから、上手に活用すれば自社商品を検索結果の上位に表示させることができるので、是非ともストアマッチやアイテムマッチを活用してみてはいかがでしょうか。

    必須会社名

    必須役職名

    必須氏名

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    任意都道府県

    任意市区町村以下住所

    必須お問い合わせ項目 ※複数可

    ECショップ無料診断D2C(EC立ち上げ)ECコンサルティングEC運営代行経営戦略プロジェクト広告運用SEO対策SNS運用デザイン制作システム構築Havy取材協業

    任意希望商談日

    必須お問い合わせ内容

    任意ファイル添付

    必須個人情報保護方針に同意する

    プライバシーポリシーページはこちら

    ECコンサル問合せ